The Diary of Aska

404 Not Found を もしかして? に変更

また Markdown Binder の話だが、例えばこんな構成変更をしたとしよう。

そうすると

しかし「もしかして」を導入すればこの問題はかなり解消される。

もちろん最初からちゃんとした構成であることが望ましいが、最初から完璧でない事は往々にしてあるしそれは悪いことではない、そしてそれは直されるべきものである。

この「もしかして」機能は、パスから類似のURLを走査し表示してくれるものだ、マッチした部分は強調表示される。

どのパスにもマッチしなかった場合はすべてのパスが表示される、つまりサイトから404は無くなるのだ。

因みにこの「もしかして」はbotが正しくmeta要素を見ていればインデックス化されない